ルネスタジェネリック、睡眠薬を使用する前に

睡眠薬にはいろいろな種類がある

暗闇のなかの枕

睡眠薬とは不眠症の人や睡眠が必要なときに入眠の手助けを目的として開発されたお薬です。睡眠薬を使うと緊張や不安状態が緩和され、寝付きが良くなるなど持続させたりという効果があります。最近では睡眠導入剤とも言われています。睡眠薬はいろいろな構成によって分類されます。また、作用時間によっても4つに分類されます。睡眠薬の多くは国際条約上、乱用の危険性もある薬物として取り扱われています。では睡眠薬ってどうして眠くなるの?と疑問に思う方も多いと思います。今回は睡眠薬の作用メカニズムについて説明していきます。

睡眠薬にはベンゾジアゼピン系、非ベンゾジアゼピン系、オレキシン受容体拮抗薬、バルビツール酸系、テイヒスタミン薬と化学構造により分類されます。そのなかでも
?ベンゾジアゼピン系 ?非ベンゾジアゼピン系 ?バルピツール酸系
の3つのタイプは脳の機能を低下させて入眠の手助けをします。これらはすべてGABAの働きを強めることで寝付きが良くなります。しかしGABA受容体に作用する睡眠薬には副作用で依存形成、副作用後の記憶がなくなる記憶障害、記憶がない状態で車の運転などをする夢遊行動起床後の眠気、悪夢などがあります。また抑うつ症状を増加させるということもあります。
って、こんな難しい名前を言われても意味がわからないですよね。笑
この3つのタイプについては後ほど説明します。
これらはある程度計算ができるので、作用時間、強さから睡眠薬を使用していきます。

睡眠薬を飲む上で忘れてはいけないのが、薬はあくまで補助的な役割で、薬を使わない治療法と向きあっていきましょう。現在は個人輸入のルネスタ通販サイトでも購入できます。

ザイロリック最新記事