ルネスタジェネリック、睡眠薬を使用する前に

メリットとデメリット

背伸びをする女性

「ルネスタ」のメリットとデメリットについてお話していきます。「ルネスタ」という睡眠薬は「アモバン」を改良してできた、比較的新しい睡眠薬となっています。

そんな「ルネスタ」にはどんなメリットがあるのでしょうか。
まず、ルネスタは超短時間作用型なので即効性があります。薬を飲み始めるとその日から効果が出てきます。半減期が2〜4時間と言われているため、これを計算すれば作用時間も予測しやすいですよね。
ルネスタは非ベンゾジアゼピン系に分類されているので依存性を起こしにくくふらつきなどの副作用も起こしにくいので、転倒などの危険性がある高齢者にも使用しやすい睡眠薬とされています。そして、非ベンゾジアゼピン系のなかでは作用時間が長めなのでなかなか寝付けない入眠障害と寝ても途中で起きてしまう中途覚醒にも多少の効果が期待できます。また、翌日まで残るということが少ないので翌日の眠気に眠気が持ち越されるということも少ないです。
さらにベンゾジアゼピン系と異なることは、睡眠が深くなる作用があります。深い睡眠をすることで、睡眠の質も良くなります。依存性も少ないので安心して使うことができます。

「ルネスタ」のデメリットとしては
睡眠効果の面では非ベンゾジアゼピン系はベンゾジアゼピン系の睡眠薬と比べると効果が普通で、頑固な不眠があるような方には個人差はありますが、効果があまり見られないこともあります。また、超短時間作用型の睡眠薬なので中途覚醒の方には効果がとても大きいとは言えません。副作用として、苦味があります。「アモバン」よりは苦味は軽減されていますが、全くないとは言えません。また、急激に作用してしまうので中途半端な覚醒状態になってしまうと、健忘の副作用がみられることもあるので注意が必要です。