ルネスタジェネリック、睡眠薬を使用する前に

ルネスタジェネリック

薬剤師から薬をもらう男性

「ルネスタ」は2012年に発売された新しい睡眠薬です。「ルネスタ」は早く効き依存性が少ないことがメリットです。その「ルネスタ」が普及されるよりも先に「アモバン」という睡眠薬が広く普及されていました。「アモバン」も早く効き依存性が少ないというメリットは同じなんですが、苦味を感じると言ったデメリットがありました。そのデメリットを改良したお薬が「ルネスタ」です。

睡眠薬には大きく分けて4つの分類に分けられるんですが、?超短時間作用型 ?短時間作用型 ?中間作用型 ?超短時間作用型 のなかの「ルネスタ」は?短時間作用型に当てはまります。
短時間作用型は服用してから、約1〜3時間で血中濃度が最高値になり、半減期は6〜10時間になります。
「アモバン」は服用後1時間で血中濃度が最高値になり、半減期は約4時間です。なので「ルネスタ」は「アモバン」よりも少しゆっくり効き、ゆっくりと抜けていきます。

睡眠薬には強さがありますが「ルネスタ」はどのくらいの強さなのでしょうか。
1mg〜3mgの量があり、自分自身の状態に合わせて使います。ルネスタは最大量である3mgを投与しても「とても強い」という印象はないので、強さでいうと普通となります。

そして睡眠症状にも4つのタイプがあります。そのなかでも「ルネスタ」は寝付きが悪い「入眠障害」と途中で何度も目が覚めてしまう「中途覚醒」の方に向いているお薬です。

「ルネスタ」は2012年に発売された比較的新しいお薬なので、「アモバン」よりも少し価格は高くなっています。

まとめると「ルネスタ」は「アモバン」の改良した睡眠薬といえるでしょう。「アモバン」より苦味が軽減され、依存性や耐性をより起こしにくいです。