ルネスタジェネリック、睡眠薬を使用する前に

作用時間の違い

外を眺める女性

不眠とは人それぞれにいろんな種類があります。それと同じで睡眠薬にもいろいろな種類があります。睡眠薬を選ぶときには、薬の効果、作用時間などがあります。そのなかの作用時間について説明します。
作用時間は4つの分類に分けられます。
?超短時間作用型 ?短時間作用型 ?中間作用型 ?長時間作用型
があります。名前の通り短時間で効果がなくなる睡眠薬もありますし、長時間効き目が持続する睡眠薬もあり、それぞれ長所と短所があります。

「超短時間作用型」は効き始めるまで1時間未満、効果の持続時間が2〜4時間です。「短時間作用型」は効き始めるまで1〜3時間、効果の持続時間は6〜10時間となっていて、これらは比較的に使用するとすぐに効き、効果の持続時間も短いです。そのため翌朝に効果が残りにくく朝もパッチリ起きれるので、なかなか寝付けない入眠障害の方や昼夜が逆転している人におすすめで、多く処方されています。しかし途中で起きてしまう中途覚醒の方には向いていません。このようなすぐに効き、効果時間も短時間なお薬のことを睡眠導入剤と言い、睡眠薬の一種になります。

「中間作用型」は効き始めるまで1〜3時間、20〜24時間ほどかけて半減します。「長時間作用型」の効き始まるまでの時間は3〜5時間で、24時間以上かけて半減していきます。このふたつはゆっくりと効き始め持続時間が長いことが特徴です。GABAの作用を高めることによって、不安を和らげる効果も期待できます。なので心理的ストレスや精神疾患で不眠に悩む人たちに処方されます。持続時間が長いため中途覚醒の方におすすめです。翌日に眠気がとれないや薬が抜けないといった影響があるのがデメリットです。

このように睡眠状態に応じてさまざまなお薬があるので症状にあった薬を選択しましょう。